2008年03月08日

時代劇コミック作家白土三平の最高傑作といえばカムイ伝;

人間社会や自然の意味と無常を、描ききった作品。それも、江戸封建社会を題材に、作品発表当時の反権力的社会エネルギー、その後の残照の歴史観で描ききった作品スケール。これはもう「歴史的必然と白土三平の創造力との出会いによって生まれた、まさに歴史に残る、奇跡的作品」
■あの昭和の時代に生きた作者にしか描けなかった江戸封建モノの傑作であり、昭和の時代性、現代社会への見識も含め、今後、作者自身の言葉や、作者評論が続くようなので、大変に楽しみです。カムイは、まさに現代の物語だということが、すでに語られ始めています。

以上はレヴューより抜粋


底辺でしか生きられなかった非人という身分階級の生き様を現代社会に映してみれば今を生きる勇気がわいてくる。



台風台風台風台風台風台風台風台風

【新刊】 カムイ伝全集 第一部 (1-15巻 全巻)

posted by コミックスおばさん at 02:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。